半導体のニーズ
2016.04.03

コード半導体電子品メーカーが販売している半導体は、市場としてどのようなニーズに対して応えているのか?この部分も気になるところです。ここでは、そのニーズに対しての詳しい部分についてお話を進めていきます。

■様々な業界からのニーズがある状況
半導体のニーズは…平たく言ってしまえば、どこの業界からも大きなニーズがあるということが言えます。パソコン業界、モバイル端末、スマートフォン、テレビ、洗濯機のような、一般家庭に関係する業界。電力機器、電車、自動車、飛行機のような製造業の業界など。

言ってしまえば「電子回路を使っている」となれば、必ずこの半導体が必要となってくるわけです。結果、様々な業界からニーズがある状況と言っても何ら大袈裟な話ではありません。この状況からも分かる通り、半導体が不要になるということは…まずありません。例え、あったとしても…まだまだ先の未来ということが理解できます。つまり、ライバルメーカーとの戦いにはなりますが、安定したニーズがあるため、衰退していくことは考えにくい業界となっています。

■個人レベルでも多くのニーズがある
ちなみにですが、半導体というと、やはり電子機器を作る過程で利用することが多いため、何かしらの業者が購入していくイメージが強いです。しかし、昨今は、電子部品通販の発達もあってか、個人でのニーズも高まっている状況にあります。個人で利用する場合は、主にアンプを自作する人が購入していくようです。他にも、集積回路を使わずにトランジスタだけ(何れも半導体)で自作PCを作るという高度なことをする人がいたり、トランジスタ・ラジオを自作してみたりと。このように趣味レベルで、半導体を使って何かを自作するときに購入していくようです。

■半導体関連の事業も比例して大きくなっている
半導体のニーズが高いということは、それに関連する業界も賑わっていることが容易に想像することができます。例えば、製作をした半導体を検査するための自動ロボット。高品質でコストが安い製品を作ることがさえできれば、どこの半導体電子品メーカーからも発注が殺到することになります。他にも…昨今、イレブン・ナインレベルのシリコンを精錬するためには多くの電力が必要としコストがどうしても大きくかかってしまいます。これを画期的な方法で高い純度のシリコンを作る方法を編み出すことができれば、これも人類にとって大きな一歩になることに。このように半導体をめぐる世界は、本当に大きな市場を持っており、そして全世界に大きな影響力を持っている状況です。

▲ ページトップへ